著作権がクリアなので安心して使える

機材

社員だけで仕事をしているのなら、社内でbgmを流さなくても別に問題はないでしょう。しかし、お客様を招くタイプのサービスをするのなら、店舗の雰囲気作りにbgmはあったほうがよい場合は多いです。店舗の雰囲気に合わせたbgmを利用できれば、お客様の心をリラックスさせて契約に繋げることができるでしょう。しかし、店舗で流すものは、自分勝手に好きなものを使ってよいというわけにはいきません。それは、鑑賞のために販売されているbgmはビジネス用途(お金が発生する行為)で利用してはいけないからです。もしも、店舗で問題なく利用ができるbgmが欲しいと考えるなら、著作権をきちんとクリアにしている有線放送を活用しましょう。

有線放送の会社が使用料を支払っている

楽器

有線放送で流れるbgmの中には、とても有名なものがあるので、本当に店舗で使っても大丈夫だと不安に感じるかもしれません。しかし、有線放送の会社がビジネス用途でも使えるように著作権料を支払っているので、利用者は問題なく店舗で流すことができます。アメリカの超有名作品も大手レコード会社の作品も、すでにお金は支払われているので問題視されることはないです。もしも、お客様に著作権のことを聞かれたら、有線放送を契約していることを伝えれば解決です。

様々なジャンルを提供してくれる

音符

有線放送はいろいろな会社で提供してくれますので、まずは店舗にあったbgmが用意されているかチェックしてみましょう。各有線放送会社の公式サイトを訪れれば、どのようなジャンルのbgmを提供してくれるのがすぐに分かります。ポップスやイージーリスニングやクラシックなど、数多くのジャンルがあるのでそれぞれを比べてみましょう。求めるジャンルのbgmを提供してくれるところを選定できれば、店舗の雰囲気をバッチリと作れます。

機器の設置も任せられる

機材

有線放送を使って店舗でbgmを流す場合は、専用の機器が必要になるので用意しなければいけません。しかし、有線放送会社がすべて手続きをやってくれるため、契約者は何もせずとも大丈夫です。店舗中にbgmが流れるように、スピーカーを正しく設置してくれるところもあるので、自分たちで繋げるのが難しいならすべて頼んでしまいましょう。なお、契約をするのなら、有線放送を導入したあとのアフターフォローもしっかりと確認しておいたほうが安心です。何日間もbgmを店舗で流せない状況が続けば、雰囲気が壊れて売り上げにも響くでしょうから、故障したらすぐに対処してくれるところを選びましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3