HOME>特集>著作権をよく理解して、正しい方法でお店の音楽を選ぶ

お店で流す音楽には著作権の注意が必要

スタジオ

店舗の雰囲気作りで非常に重要なものの一つがbgmです。空間に合った音楽選びは、お店の魅力アップにつながります。しかし、注意しなければならない点もあります。それは著作権の問題です。実はお気に入りのCDやダウンロードで購入した音源は、店舗で自由に流すことができません。レンタルの場合も同様ですが、これらはあくまで個人で楽しむことを目的としているからです。営業など他の分野で利用する際には、基本的に著作権者や管理団体から使用許可を得る必要があります。ただしその手続きや料金は、お店の経営にとって大きな負担となってしまいがちです。そこで利用すると便利なのが、店舗bgmに関するさまざまなサービスです。

お店の音楽に利用できるさまざまなサービス

スピーカー

店舗bgmで最もよく利用されているのが、専用の機器やインターネットによる配信サービスです。これらのサービスでは配信元がまとめて著作権の利用申請を行っているため、個別に使用許可を得る必要がありません。そして、多様なチャンネルや豊富な音源も大きな魅力です。料金はサービスの規模や内容により月額数百円から数千円と幅広く、その中からお店に合ったものを選ぶことができます。しかし、とにかく費用を抑えたいというケースもあるでしょう。そこで、一定の支持を得ているのがラジオ放送です。店舗でラジオやテレビの音をそのまま流すことは、著作権上問題がありません。お店の雰囲気にフィットするのであれば、選択肢の一つと考えても良いでしょう。また、面白いサービスとしては、自前の音源で製作した著作権フリーのbgm用CDも販売されています。