HOME>イチオシ情報>ビジネスで利用するなら商用が可能なものを用意しよう

いろいろな方法がある

音符

所有しているbgmをプライベートな時間に自宅で聞くというのなら、まったく問題になることはありません。しかし、ビジネスのために店舗で流そうとするのなら、問題がある可能性が高いので安易に利用するのはやめましょう。一般的に販売されているbgmは、プライベートの利用のみに限定されていて、ビジネスで使うのは禁じられています。もしも、店舗で利用できるbgmが欲しいのなら、著作権フリーで無料配布されているものを使うか、ビジネス用として販売されている数千円のCDを購入しましょう。既存の曲ではなくオリジナルの曲が欲しいと考えるのなら、数万円払って新たに作曲してもらうのもよいです。bgmを著作権が問題にならないように用意する方法はいくつもあるので、予算や音楽のクオリティを考えてベストなものを選択しましょう。著作権を侵害したまま店舗でbgmを使い続けると訴えられる可能性もあるので注意が必要です。

特徴を知って適切なものを選ぶ

音符

インターネット上に自分が作った曲を誰にでも使えるように、ホームページで公開している人がいます。その人が商用もOKだといっているのなら、bgmとして店舗で流しても問題ありません。一見使えそうでもプライベート利用のみOKで、金銭が発生する場合はNGの場合もあるのできちんと使用条件を読みましょう。そして、店舗用として販売されているCDは大手のショッピングサイトでも購入が可能です。ヒーリングミュージックやジャズなど、さまざまなジャンルがあるので店舗にあったものを選べます。新たに作曲してもらいたいのなら作曲家を探す必要がありますが、現在ではインターネットでも見つけられます。大抵は過去に作った曲を作曲家のホームページで聴けるようになっているので、それをヒントにして店舗にピッタリなものを作ってもらいましょう。